キャリア採用/仕事について

先輩のすぐ隣で
仕事をしたくなる
そんな職場です

中島 恵麻Ema Nakashima
ルームアドバイザー
2017年入社

個人で動くより、絶対チームプレー
自分も仲間も、そのほうが幸せになれるから

金沢出身で、神奈川の服飾系の短大を経て、アパレルの販売職として就職しました。元々「衣食住」の要素が好きで、まずはその中の「衣」を極めようと思いまして。「社会人になってからの故郷」も経験したかったのもあり、京都での勤務後、出身地の石川にUターンしました。転職の一番のきっかけは、あまり給与面で余裕がなく、もっと稼ぎたかったことでしょうか。それに、家の間取りとか内装、インテリアも好きだったので、衣食住の「住」という観点で不動産を選びました。
中でも当社を選んだのは、元々私自身が仕事にのめり込みたいタイプで、バリバリ働けるイメージがあったから。知名度・ブランド力も間違いないと思っていました。私、入社してすぐは、接客するとき絶対に先輩の近くに座っていたんです。例えば接客の際、ふと間違ったことをお伝えしてしまったら、柔らかく「あ、それは違うよー」って、すぐにフォローしてくれるから。個人じゃなくチームプレーで仕事を進める意識が全員にあるんですよね。すごくいい雰囲気で働けていると思います。

チームで働くということは
私生活も大切にできるということ

お客さまへの接客の仕事の他には、物件を回って鍵を回収する業務があるんですが、その時も自分の担当分だけでなく、近くに行ったときに他の社員の担当分を回収したりなど、お互いにフォローしています。「チームで協力しよう」って意識がすごく強いんです。そして、チームで協力する分、みんな仕事を効率よく回せるようになって、結果として前職に比べてプライベートの楽しみも増えました。
ごはんが美味しい金沢なので、飲みに行ったり。衣食住の「食」ですね。あと山や海に行ったり。銭湯・温泉にもよく行きます。私を採用してくださった前の店長が今埼玉にいるんですが、金沢に遊びに来てくださって、一緒にごはんを食べにいったりもしましたね。それに、プライベートと仕事がつながっているわけではないのですが、いずれはマイホームが欲しくて、いろいろ参考になる物件を見に行ったりもしていますね。

接客のモットーは「一客一笑」
自分の生活の充実が
お客さまと話すときのカギです

チームプレーで安心できて働きやすい会社ですが、もちろんお客さまへの接客など仕事自体もすごく楽しいですね。私自身、転勤や転職・Uターンして一人暮らしなどを経験しているので、同じ状況のお客さまへその経験を踏まえたご案内をすると、ものすごく納得していただけたり。一度担当して部屋を決めたお客さまが、住み替えの時も私に連絡してくれたときが、とても嬉しい瞬間です。私の接客よかったんだーって。
そんな私の接客のモットーは「一客一笑」やっぱりお客さまに笑顔になってもらうのって、こっちもすごく嬉しくなりますし。石川県外から引っ越してくるお客様には「金沢の自虐あるある」を話してみたり、同い年くらいの独身の女性に対しては、「私も出会いないんです」という話をしたり。「お互いの生活」という観点から切り込むことが多いですね。これからも私生活を充実させて、それを糧にお客さまの笑顔を引き出したいですね。